スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

はじめての映画レビュー~スズメバチ~

コンソメ
   ├酷似(挨拶)
ユンソナ

昨日映画借りて見ました。感想書きます。2002年作成のフランス映画「スズメバチ」レビューになってないかもしれないけれど。

この映画を借りたのはなんだか題名に魅かれた。それだけ。だって、スズメバチですよ?スズメバチ。
家に帰って見てびっくり。サミー・ナセリ出てるよ!(「タクシー」の主役の人)
あれ?これはもしかして期待できちゃう?と、最初の印象はマル優。

話自体はいたってシンプル。警察の人が逮捕したマフィアのボスを奪われないためにたまたま行き着いた倉庫に立てこもってたまたまそこにいた奴らとマフィアの一味たちの攻撃をしのぐ、というお話。
やっぱりね、センスいいよ、フランス映画。確かにハリウッドみたいな派手さはない。でもここには気品がある!独特の雰囲気からにじみ出る優雅さがある!
舞台は高速道路のすぐ近くにある倉庫。ですから敵は静かに侵攻していくんです、サイレンサー完備。対する篭城側は、何とかして外部にこの事態を知らせないといけない、そうしないと間違いなく全滅。とある理由から携帯電話、通信機能は使えない。状況は最初から最悪。敵は降伏を許さない。生き残るにはどうしたらいい?ともに戦うしかない。たとえそれがたまたまそこにいただけの他人たとしても。そんな感じです。この、全編にわたった緊張感がなんともいえない。更に冒頭に張った伏線の明かし方がもう!それはもう!
まぁ、ちょっと自分的には突っ込みどころもありましたがそんなものはシュワちゃん映画の類に比べればゼロとすることができます。ところで話は変わりますが、シュワちゃん映画の一番の突っ込みどころといえば、友達とも話しましたが当たり判定です。どこに弾を当てたら奴はくたばるのか?僕は足の裏や、くるぶしの辺り(上半身にはない)だと思うんですが、友達はサングラスだと言っています。サングラスが本体ですか?
話を戻します^^;
個人的に残念な点はサミー・ナセリがあまり活躍しないこと。笑顔は素敵ですが。また、多少盛り上りに欠ける、話が単調、などといったことを感じました。
もしもトランプゲームの大貧民(大富豪)でこの映画を評価するならクラブのクイーンあたりかと。
一見の価値あり、と判断。
スポンサーサイト

2005年04月03日 レビュー トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。