スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

近頃体がニョロニョロします

こんにちわ。人類を超越している、かいつまんで表現すると超人類ばんちょーです。超越しているということはもはや人類ではないのでしょうか?それでは私は何なのでしょうか?それはおそらく《検閲されました》でしょう。
まぁ超人類の私としては人類どもを《検閲されました》を毎日の日課としており、そんな私の望みは《検閲されました》なわけです。しかしまぁ最近は頭の回路がイカれたメシアコンプレックスの既知外さんたちが多く出没しているので《検閲されました》には事欠きません。そんな私の最近の悩みは魔界に残してきたペットの第五○竜丸がちゃんと一匹で生活できているかどうか心配でおちおち《検閲されました》もできません。

さて、こんな意味不明なことを書いてもつまらないだろうから一般向けの日記を書きます。
一昨日のことですが、「終わりのクロニクル⑤下」が発売されたので、⑤上と合わせて買いました。上下で1104ページありました。あと200ページ強で読み終わります。いや、お勧めしますよ?しかし、漠然とお勧めされても手を出しづらいとおもうので毎回毎回更新するときに俺的終わクロ名ゼリフを記していくことにします。
記念すべき第一回

「過去が見つかったなら佐山君は中身を読んで欲しいって言ってたよね……」
ザックに手を入れると、封筒はすぐに手に取ることが出来た。
新庄は歩きながらザックを背負い直し、左手首にビニル袋の音をたてながら封筒を開ける。
中から取り出したのは白い二枚重ねの便箋の第一枚目。
広げ見た紙面に書いてある本文の出だしは、
『Dear新庄君。ああ、君はまるで夜の海を覆うさざなみのようにぞわぞわするね?』

(中略)

『―君の笑顔はまるで朝の一杯のコーヒー。少しどきりとさせて、甘くはなく、しかし魅力的でカフェインのせいか鼓動がバクバクいって何か派手に我慢ならなくなりああっ君にクリームをええいまだるっこしいもりあがってきたねきたね?もはや止めようが―』
止めよう。

出典は終わクロ最新刊の⑤下から。この本の雰囲気が少しでも伝われば幸いですよね。もちろんシリアスなのもたくさんありますが、それはまたの機会に。

スポンサーサイト

2005年07月12日 未分類 トラックバック(0) コメント(3)

本来の姿に戻っただけビョル

2005年07月13日 BoN URL 編集

《検閲されました》!!

2005年07月15日 RT URL 編集

どんな内容が書かれていたんだか・・・

2005年07月16日 ばんちょー URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。