スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

パラレルワールド

つまりさ、現在の日本政府は、いやこれはもはや日本だけの問題ではなく国際的に見て間違ってると思うんです。なにが間違っているのかというと、俺は日がな一日寝ています、ここ2、3日。病気だから。で、あるのに、で、あるのに!なぜ俺が深い眠りから覚めても隣に大企業の一人娘がいない!なぜ幼なじみが起こしにこない?何故俺が通う学校は『学園』じゃない?どうして俺の周りには吸血姫とかがいないのか理解に苦しむ。まぁ、そこらへんは置いておいこう。置いておいても!宇宙人はなにをやってんの?!早く地球に攻めてこい!じゃないと二足歩行ロボが発達しないだろうが!この給料どろぼう!星へ帰れ!あ、やっぱり帰らないでください。

ん、待てよ?もしかして間違っているのは世間じゃなくて俺の方か……?ふむ、なるほど……つまり大企業の一人娘も幼なじみも『学園』もネコミミ吸血姫も犬耳獣耳もツンデレもツインテールもブロンズも義妹義姉も触れ得ないからいいのか……?二次元だからか?まぁ確かに現実世界で宇宙人が本気で地球に攻めてきた日には大統領も思わず独立記念日にしちゃいそうなそんなかんじだが。
まぁなにをいいたいのかといいますと、ドン引き、ということですよ。触れ得ないということでその至高性を高めているというか、なるほど。確かに大正デモクラシーの最中、日本の芸術会は大きく揺れ動いた時期でもありました。多くの日本人芸術家たちが様々な作風を模索したものです。その一つにキュビズム(立体主義)があります。たしかに立体はいいよね。なんていうの?触れ得ないものを敢えて手の届く形にしようという斬新かつ壮大な試み?ま、そこで敢えて手は触れないんだけどね。店の外のショウウィンドウから値段が高くてとてもじゃないけど手が出ないトランペットを眺めている貧乏学生みたいなそんな気分。だがこれは間違いなく俺のモンだ!だれにも見せねぇぜ?みたいな?

話が前後しましたが、最終的に私がなにをいいたかったのかというと風邪で寝込むのに飽きた、ということですよ。携帯で打っているのでそろそろ指が疲れてきました。私はそう、この文章を日本がまだぐちゃぐちゃの泥だった瞬間(とき)から構想を練っていたというと嘘になりますが。当然打ちながら考えている次第でございます。病気で小さい頃から外にでれないどこぞのお嬢様が外についてのいろいろな空想をしてしまう気持ちが少しばかり分からないでもない今日この頃ですよ?

さて、前フリが長くなりましたがここからが本題です。
あなたはバスの運転手です。はじめ誰も乗っていませんでした。最初の駅で三人乗りました。うちひとりは妊婦さんでした。次の駅で五人乗りました。女子高生の団体でした。あなたは少し見とれてしまいましたが後ろの車のクラクションで我に返りました。次の駅で二人待っていましたがあなたは見て見ぬ振りをしました。次の駅で八人降りました。今バスに乗っているのは何人ですか。答えは一人。運転手さんが乗っていますよね。すいませんオチはいろいろ考えたんですが、危険なのでやめました。

お疲れさまでした。あ~すっきりした。

スポンサーサイト

2005年04月17日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。